こんにちは、やはぎのりこです。        <<Plofileはこちら

わたしは、起業家、経営者こそゆるみながら変革していく〜を
モットーに「コンサルタント」として

そのひとの本当の願いを生きて、経済も循環していく
魂の喜ぶビジネスの在り方へシフトする
しぜんな第一歩をお手伝いさせていただいています。

わたしは、建設業界で32年仕事をしてきました。

ある時、それまでの生き方では限界を感じ
手さぐりしながら新しい世界をもとめました。
わたしの人生はすっぽり会社の中に埋もれていたのです。

わたしは、今でこそ「社長」や「妻・母・娘」といった役割にとらわれず、
自由にやりたいことさせていただけるようになりましたが

昔は、こうした公の場で、そのままの自分を出すことや語ることのできない
つねに内へ奥へと身も言葉もおさえてしまうタイプの人間でした。

心の声を聞きながら学び、魂がふるえる癒しを経験し、
ありのままの私で生きることへと導かれてきました。
いつのまにか身についていた外からの期待に応える自分、
仕事として役割としての枠組みを壊しきれない中で、
懸命に生きてきた毎日から、

しぜんな私、ありのままの自分で、
ONもOFFも、その線引きもない
魂そのものですべてを楽しんでいける日々へと生き方へと、
変化してきました。

2016年、工事の仕事をやめてコンサルタントとして活動を始めました。

学歴偏重主義、経済至上主義に違和感を持ちながら
学び、仕事を続けてきましたが、ようやく
自分の本当の願いを生きることへと、命を開くことができました。

今、時代は大きな変わり目にあります。
競争原理のビジネスの在り方から
調和と分かちあいの世界へとむかいはじめています。

そうではないと感じることも多いかもしれません。

それでも、小学生の頃も
中学生の時も、高校時代も、大学生活でも
ずっとずっと、感じてきた違和感がありました。
今、時代は変わっている、という手応えがあります。

じぶんの本当の願いを生きようとする時
経済も循環するか?
ということがブレーキになることはありませんか。
わたし自身にとっても仕事の経済的側面は長い間のテーマでした。

そして、今こそ、魂の喜びを生き
心もお金も豊かに循環するビジネスの在り方へ
シフトしていくことができる時代です。

魂の喜びから生きる世界を
一人一人が創っていくことで、世界に豊かさを循環し
幸せを広めていくことができるのです。

そんな世界が実現したら面白いと思いませんか。
そんな世界が実現したら、世界は平和に近づいていくと思いませんか?

心の内から平和を創る。

小学生の頃、思ったのです。
争い、戦争が無くならない社会。
人間は、どんどん、馬鹿になっているんじゃないか、と。

ボロボロなダチョウを読んで思ったのです。
どうして、人間は、こんな、かわいそうなことをするの?

中学生の頃、思いました。
某大企業は、第3世界を搾取している、と。

高校生の頃、もがきました。
わたしは、何がしたいんだろう。

そんな中で選んだ大学生活は最高に楽しかったのですが
就職にあたり、企業の歯車になって悪の循環を生み出すのは嫌だ!
と思ったのです。

世界には、食べることに困り、自分の好きなことなんてできない人たちがいる。
私だけ、そんなことをしていいのだろうか?
と思っていたところへ、父の会社で仕事をするというミッションがやってきました。

経済至上主義に反発していたのに
資本主義の枠組みの中で経済活動をする、ことになりました。

葛藤がありました。
そこへ光がさす文章に出会いました。

あなたが世界を認識したければ、あなたの深みに目を向けなさい。
あなたが自身を認識したければ、あなたのまわり、世界に目を向けなさい。
ルドルフ・シュタイナー

企業活動に属することは、悪の手先になること(極端ですね)
悪の循環の中に入ることと思いこんでいましたが
今ここから、その逆を生み出すことができる。
今ここから、善き循環を意図してはじめれば、その循環がめぐっていく。
そう思えるようになりました。

やがて、日本のヒノキに出会い
ヒノキを使うことで
そこに暮らす人も、作り手も、幸せを感じながら
自然環境を守ってゆくことができると知った時には
今までの答えをもらったように思いました。

建設業は、人との関わりがとても多い仕事です。
人肌に触れることが少なくなっている時代の中で
生身の人間にダイレクトに触れ合うことができる仕事でした。

工場生産が増えているとはいえ
現場で作るのは人と人が力を合わせてです。
クライアントや職人さんとの打ち合わせにしても
こんなにも、人との関わりがある仕事は
今の時代、少ないかもしれません。

そういう意味では、人間らしく生きることが難しい時代に
人間らしさに触れ続けることができる仕事でした。

そうして、会社という枠の中で
チャレンジもして、喜びもあり、達成感も感じてきましたが
その見えない枠の息苦しさに気づくようになったのです。

当時、その気持ちを
見えざるものを見たい、と表現していました。

それは、これから進んで行く未来のように感じていましたが
今なら、見えざるものを見たい、それは、見えない枠から出たい
という思いだったのではないかと感じています。

そして、それから10年の歳月を経て、ようやくその枠から出たのが
2016年のことでした。

じぶんらしく自然にいられて、心も体も満たされる幸せ。
無理のない、我慢もない、エネルギーのロスがないエコロジカルで豊かな循環の中に
生きることも仕事をすることもある世界。

そんな世界で、自分の本当の願いを生きて
心もお金も豊かに循環していきませんか。
そんな幸せを、あなたから世界へと広めていきませんか。

もし、あなたが、そんな世界へ
踏み出す勇気が欲しいと思われたら

今まで、どうしても超えられなかった枠
無意識の制限を外していってみたいと思われたら
一緒に進んでいきましょう。

神戸は舞子、ヒノキの香り溢れるサロンでは
「しぜんな自分」を取りもどすお手伝い
と同時に、そこからみえる本当の幸せな未来図への
第一歩と実現をサポートさせていただいています。

サロンにはお越しいただくだけで、
「呼吸が深くなった」「癒された」と言っていただけることもあります。

あなたが、「しぜんな自分」でいられるのはどんなときですか。
あなたが、「しぜんと動き出せる」のはどんなときですか?

きっと、さまざまな枠やいらなくなった信念を手放していくことで、
いつでもありのままの、自然体で
自分もまわりもみんなが幸せになる方向へと
感じたまま動ける世界へと辿りついていけることでしょう。

さえぎるものが何もない世界、
やりたいことを、やりたいようにできる自由を、喜びを
ここからごいっしょに楽しんでみられませんか?

そこへの一歩も、
そこからみえる本来のあなたの一歩もいつでも応援しています。

さまざまなユニークなメニューと、
あたたかいお茶をご用意してお待ちしております。

あなたとの出会いを、
舞子の海とヒノキとともに、こころより楽しみにしています。

矢作法子(やはぎのりこ)