ぽっかりと空いた感じの朝 15.7.21

ぽっかりと空いた感じの朝。
何かととのえることがあるんだろうと感じながら

空いた時間にすればいいことは、いろいろあるはずなのに
突然訪れた夏休みのような1日をすごした。

ゆっくりと
時間の流れとともに。

ここのところ久しぶりに、眠くて眠くて眠くて、、、という時間が訪れていて、潜在意識の書き換えのタイミングのよう。

そんな時間の中に
察することを優先して、こころにある気持ちを表現することを控えてきたという気づき。

それを言葉に現そうとすると、慣れていないから
いちいち力が入るんだね〜

些細なことのようで、長年の癖を手放すのは
こころの筋トレのようなもの。

ぽっかりと空いた中に
流れてきた時間はトランスフォーメーショナル。

宇宙と繋がり合う時間の中におこるシフト。
必然と共振。
時空と時空の架け橋。渡る時。
15.7.21

関連記事

  1. 『グラウンディング』でおこること 15.8.9

  2. おこりえないことがおこるとき 15.7.25

  3. 一昨日は森だった。 15.6.7

  4. 雨にきらめく 15.4.6

  5. 宇宙国宝

  6. Night cafe with ヒノキのスピーカー 心を開いて話を…

  7. 気持ち 15.4.18

  8. 五十肩とグラウンディング