玉置神社 15.2.10

目を閉じて
からだに意識をむけると

静かに深く
森の空気につながる感覚が残り続けている

細胞のひとつひとつの
音がハートに響くよう

いのちが
深く
からだにグラウンディングしている

写真は玉置神社にて
墨絵の世界
研ぎすまされた空気
白黒の
陰陽極まる時空
こけむす緑が
ひときわあざやか

15.2.16(1)
15.2.16(2)15.2.16

関連記事

  1. おこりえないことがおこるとき 15.7.25

  2. 2015.1.1

  3. わたしのカラダに 15.3.23

  4. 時広真吾さんプロデュース 美の種 inKOBE 舞子 11月2日開催

  5. 遠隔ヒーリング 15.8.9

  6. 嬉しいご感想の言葉〜トウリーダーの為のスキルアップ講座にて

  7. 分かち合う、心に響く世界〜ヒノキスピーカー 15.2.20

  8. 台風の雨の跡 15.7.21