グラウンディングとロマンティック

2年ぶりに会った方に
すごく変わった~と驚かれた。

乙女、とか、ロマンティック
なんて言われたりする今日この頃。

(女子から;笑)

確かに最近、自覚した、ロマンティック、好きかも〜。

そういえば
ここ最近、パンツをはく気がしなくって。
裾がふわっと広がったフレアパンツははくのですけれど。
それはグラウンディングして自分と繋がったところからの選択で。

ずっと、フレアパンツかスカートか
という日々を送っていた。
私にすれば前代未聞の選択(笑)

スカートを持っていなかったか、と言うと、そうではなくて
ちょっとお出かけ的なスカートの選択はあった。

でも、ごく日常リラックスして、、、という時に
ふわぁっとした服という選択はなかったのです。

そんな時は、ジーンズと決まっていた。
なのに、そのジーンズを身体が求めない。
最近になって、仕事の場面で時々パンツをはくけれど
今でも、ジーンズは履きたいと思わないんだなぁ。

すっごい変化。

あぁ、もしかしたら、と

五十肩のことを思う。

痛みの最中(さなか)には、身体からのメッセージを知りたくていろいろ読み解こうとした。
まっただ中には見えてこないことがあるね。

肩は左。
無意識に押さえていた(という意識は全くなかったけれど)
女性性、そう言葉にしてみると、腑に落ちる。

本調子ではない、ゆえに必然としてゆったりした時間を
ふんわりとしたボトムを履いて過ごした日々。
それゆえの、まさに統合の時間。

長い長い変容と統合の時間が終わりはじめ
新しい扉が開き始めた。

そんな風に感じる、夏の盛り。新しい時間が始まっている。