グラウンディングと『したい』と『する』の違い

グラウンディングを深める体験をしていく中で
自分との繋がりも、満たされるエネルギーの質も
仕事をする次元も、日常過ごす時間も、全てが変わりました。

(と、私が私の現実を感じています)

そして今迄、慣れ親しんできたエネルギーの使い方
選択の仕方が、時折顔をのぞかせては
お試しがやってきた、ということもありました。

何度かそれをやり、自分自身を観察しながら、気づいたことは『したい』と『する』の違いです。
『したい』と思う時は、まだ、『する』という選択を
しきっていません。

『する』という選択をする時は、瞬間に決め、その時には
既に始まっています。
今迄に馴染んだ思考や指向、嗜好から
『したい』ことを『しよう』としては
自分の中の違和感に気づき、止める、という選択をしました。

感動の由来は、感即動、と聞いたことがあります。
『する』という選択は、まさに感即動ですね。
結果、自分とのより深い一致感とともに
『する』ことを選択できるようになりました。

『したい』と思う事が『する』にならないのは、何故か
その理由を探求することもできるかもしれません。

よりシンプルにエネルギーを使うという所から
言うと、ただただ、深く自分と繋がり続けることを
選択することによって、自分自身が本当に望み満たされることを『する』ことができるようになります。
こころと身体はそのように繋がっています。