グラウンディング 、日々それを深めています。

Forest

もしも魂があるとして
その魂はどのくらい
カラダと共にいるだろうか。

もしも魂があるとして
その魂はどのくらい
本当の自分自身と一緒にいるだろうか。

もしも魂があるとして
その魂はいったいどのくらい
カラダの中に安らいでいるだろうか。

自分の内側から響く声、内なる声を聞いてきた。

天から降りてくるインスピレーション。

直観というな名の叡智
偶然という名のおくりもの。

出会い
感謝して
やってきた。

歩いて来た道
選んだわかれ道

こころから受け入れてもいたよ。
失敗がなかった訳じゃない。

そして失敗はない、フィードバックがあるのみ*
*NLPの前提より

そして知らなかったんだ。

こんなにも深く安らぐ場所が
自分のカラダの中に
あるなんて。

ううん。

本当はね
誰もが知っている

誰もが還ることができる場所。

ただ私たちは
大人になるその道で

とても幼い頃に覚えた
カラダの反応を知らない間に
鋳型にして繰り返し

無意識の領域でその反応を続けている
なんてことがあるんだよ。

それは
自分を守るために始めたことだから
悪いことなんかじゃないんだ。

子供は親を選んで生まれてくる。

と言われたりするように
もしかしたら
そのパターンを生きる中に
学んで来たことも沢山あったかもしれない。

そして
そんな時がやってきたんだ。

ただ
自分の内側と
自分自身と繋がってそこにいる。
それだけで
満たされるあたたかな世界。

カラダの中に
こんなにもあたたかな場所が
あったと知った。

それは
自分の力と繋がること。
内なる叡智と繋がる場所。

グランディング

よく言われるのは
大地のエネルギーと繋がること。

日本語でいうと
地に足をつけるという言葉ありますね。

まさにそうでもあるのだけれど

今ここでお伝えしているその方法は
ただただ
自分のカラダの深みにおりてゆき
深く安らぐその場所で自分と共にいる。

魂とカラダがひとつになる場所で。

日々、それを深めています。